眠くならない!最新の花粉症治療

2月は全般的に寒かったのもあって、スギ花粉の飛散が遅れていましたが、
3月に入ってから例年より2週間遅れで、本格的な悲惨が始まりました。
今年は去年の半分ぐらいの花粉量と言うことですが、
それでも症状がきつい人も多いと思います。

さて花粉症治療と言えば、市販薬や病院等で処方される
いわゆる『抗ヒスタミン剤』というモノが主流となっています。
確かに花粉症には効きますが、眠気の副作用や、ウトウトぼ~っとしたり
気づかない間に集中力が低下するような事もあり
車の運転をしている人にとっても問題になるようなケースも発生します。


そこで最新の花粉症治療では、花粉症を防ぎ、尚かつ眠気を徹底的に防ぐ
と言った治療法も可能になってきています。
それが経口薬である『ロイコトリエン受容体拮抗剤』と、
噴霧薬である『点鼻ステロイド』の組み合わせ処方です。

 ・ロイコトリエン受容体拮抗剤・・・キプレス or シングレア(1日1回1錠)
 ・点鼻ステロイド・・・アラミスト or ナゾネックス(1日1回左右2噴霧)

この処方のメリットとして、
 ・眠気の副作用は全く無い
 ・1日1回(寝る前)処方なので、昼間薬を持ち歩く必要がいらない
 ・花粉症の諸症状を強力にブロックしてくれる
と言ったものがあります。

特に一番上の『眠気の副作用が全く無い』は、
従来の抗ヒスタミン剤と決定的に違うところであり、
『薬を飲むと眠たくなる』と嘆いておられた患者さんにとっては
最適な処方ではないかと考えております。
必要な人は症状に合わせて点眼薬等を足してみても良いでしょう。


さてこの素晴らしい薬ですが、デメリットとしては
・医科用なので、病院に行って処方箋をもらう必要がある
・病院に行っても通常は抗ヒスタミン剤が処方されるケースが多いので、
 『眠気の副作用が気になるので、上記の処方をお願いします』と医者に言う必要がある
・一月分の薬代が3500円と、薬価が比較的高い
 ロイコトリエン受容体拮抗剤(キプレス):1錠252円 1ヶ月=252円×30日×3割負担=2268円
 点鼻ステロイド(アラミストorナゾネックス):1ヶ月分=約4000円×3割負担=1200円

と言うものがあります。

とは言え、今まで市販薬・医療用共々、抗ヒスタミン剤しかなかった事を考えると、
新しい選択肢が出来たと言うことは、患者さんにとっても選択の幅が増えたわけで
喜ばしいことだと思います。


個人的に、花粉症の症状でクシュンクシュン鼻水を垂らしながら
しんどい思いをしているぐらいなら、
それを薬を使うことによって完全に止めてしまい、尚かつ安全で副作用の無い(少ない)
方法をとるのが最適ではないかと思っています。

まぁ花粉症の方の選択肢は色々とありますし、
例えば薬を飲まないと言うのも1つの方法だとは思いますので、
個人的には上記の治療法をお勧めしておりますが、
自分にあった治療法を取られてはいかがでしょう。


余談ですが、キプレスはうちの薬(気管支喘息・アレルギー性鼻炎治療薬)
ですので、特に強く推しておきますw。