2016年7月アーカイブ

IPhone6s(iOS) v.s. Xperia z5(Android)

先日より、会社から貸与されている携帯電話が
IPhone5s(AU)から、Xperia Z5(AU)に変更となりました。
それに加えて、タブレットもregza tablet at503からXperia Z4 Tablet
に変更となりました。

ちょっとモバイル端末が多すぎとうちの嫁から言われてたしてますが
半分は会社からの支給品なので、仕方がないところもあるわけですが。

現在持っているものとして
<携帯>
 ・個人所有:ガラケー(GRATINA(グラティーナ)/AU)
 ・個人所有:IPhone 6s(simフリー)
 ・会社支給:Xperia Z5(AU)

<タブレット>
 ・個人所有:Windowsタブレット(Miix2.8/Windows10)
 ・会社支給:Xperia Z4 Tablet

<ルーター>
 ・会社支給:Wi-Fi WALKER LTE(AU)

<ノートPC>
 ・会社支給:DELLノートPC


最近は当然のことながら、会社支給のものにはSPPMと言う
端末モニタリングシステムがあらかじめインストールされてますので、
基本的には業務使用以外の使用は不可とされています。
ただものによっては、一部の業務時間外の私的使用が許されていたり
一部(SNSやゲーム等を除く)のアプリのインストールが許されていたり
テザリングが許されていたりと、厳密な会社ではありえないようなことが
今でも制限されていないという緩い側面もあります。


さて、会社携帯がIPhone5sからXperia Z5に変わったことに際して
個人所有のIPhone6sを購入して使っているわけですが、
やはり数か月使ってみた使い心地としては 『IPhone(iOS) > Xpria(Aandroid)』
という感じだと思います。
カタログスペック的にはXpriaの方が高いのに対して、
操作性と実感速度、そしてバッテリーの持ちに関してはIPhone6sの方が体感でも高いと感じます。
これに関しては最近のAndroidは改善しているのかなぁと思っていましたが、
比べてみれば未だにIPhoneの方に分があるかなぁと思います。

ですので、絶対にこっちの方がというこだわりがなければ、
ハイスペック価格帯ではIPhoneの方がお勧めかなと思います。
特に3大キャリアでは、現状はIPhoneの販売奨励金が大きいため、
高スペックAndroidよりかは、IPhoneの方がメリットが高い気がします。

逆にAndroidは、低価格帯では良いのではないかなと思っています。
SIMフリーや格安スマホで、安いのを求めてて端末スペックを求めない人にはお勧めかなぁと。
この価格帯ではAndroid以外の選択肢がないというのもありますが。

まぁIPhoneにかかわらず、電子機器の値段って意外と正確ですから、
高いのには、安いのにはわけがあるということですね。